赤ニキビ跡 治し方

赤ニキビ跡を効果的に治す化粧品一覧

掲載している洗顔料は、全てニキビ跡に効く洗顔料です。
ニキビの症状、肌質は人それぞれ違います。
あなたに最適な洗顔料を見つけてくださいね。

 


商品名

お試し価格

お試し容量

返金保証

お得情報!

ルナメアAC

1,000円

1週間

商品到着後8日以内

 

NOV(ノブ)

1,620円

1週間

商品到着後10日

 

ビーグレン

1,944円

1週間

365日返品保証

 

ノンエー洗顔石鹸

2,980円

一ヶ月

全額返金保証(10日以内)

 

肌潤糖クリア

1,200円

10日間

破損、欠陥以外なし

 

プロアクティブ

3,900円

30日間

60日間返金保証

 

 

 

 

ニキビというとポツンとできた赤いのをイメージすると思いますが、実はその前段階にニキビの
赤ちゃんといえる白ニキビと、初期段階の黒ニキビがあるんです。
この白ニキビと黒ニキビというのは、まだ皮脂が詰まっただけの状態なので、治しやすいの
ですが、ここから悪化すると赤みのある「赤ニキビ」になります。
これを放っておいたり、治そうと潰してしまったりすると赤ニキビ跡となってしまい、
ずっと肌に残ってしまいます。

赤ニキビ跡には大きく分けて3つのタイプがあります。
1つめはニキビの周りが、うっ血している場合。赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが悪化して、
肌内部で炎症を起こしている状態なんですが、この時、ニキビの周りの毛細血管が炎症を
治そうとして、集まってきてうっ血し、赤く見えるんです。
2つめは色素沈着しているものです。これは赤ニキビの炎症によって毛細血管が破壊され、
血液成分のヘモグロビンが肌に残ってしまい、最初は紫色をしているのですが、
時間が経つにつれ、茶色に変化していきます。
3つめはメラニン色素が原因の赤ニキビ跡です。
赤ニキビが出来ている時、肌内部で毛細血管ともう一つ治そうと増えるものがあります。
それはメラニン色素です。肌に紫外線が当たると、このメラニン色素が更に増えてしまい、
これがシミのような赤ニキビ跡となってしまうんです。

 

ここで少し、赤ニキビが悪化するとどうなるかというと、ニキビの炎症が進み、肌内部で
化膿し膿をもってしまう「黄ニキビ」となります。
黄ニキビはニキビの中でも最も重症度が高いニキビなので、ここまでくるとセルフケアで
治すのはかなり難しくなり、皮膚科に通わなければならなくなります。

 

赤ニキビ跡になったら「あ〜ぁ。。。」と思いますよね?どちらにしろ治さなきゃと焦ったり、
治らないのかな〜?とブルーにな気分になってしまいます。
それに赤ニキビ跡が顔にあったりすると、メイクで隠そうと厚塗りになってしまって、
返って悪化させたり、赤ニキビ跡を増やしてしまう結果となります。

 

どちらにしろ一度できると困りモノな赤ニキビ跡は、決して治らないワケではありません。
まず赤ニキビ跡ができたら、それが赤みのあるうっ血した跡なのか、茶色っぽい色素沈着
している跡なのかを、鏡で見てチェックしましょう。
赤みのある赤ニキビ跡の場合は、炎症を止めましょう。
炎症を止めるには、まず肌を清潔にして炎症を進行させる肌の老廃物や余分な皮脂を
取り除きましょう。
肌を清潔にするのに有効なのは洗顔なのですが、決してゴシゴシ洗ったりしないで
ください。そのゴシゴシが刺激になって、肌を傷つけてしまい、そこから雑菌が入って、
更に炎症を進めてしまいます。普段使っている洗顔料で構わないので、よーく泡立てて、
泡で肌を優しく洗うようにしてください。そして「ぬるま湯」で、しっかりすすいでください。
お湯が熱すぎると必要な皮脂まで取ってしまうから、肌が乾燥してしまいます。
逆に冷たい水だと、洗顔料や汚れがキチンと落としきれないんです。
だから「ぬるま湯」がポイントなんです。

 

次に色素沈着タイプの赤ニキビ跡の場合は、これはシミと同じ状態になっているようなものなので、
まずはメラニン色素を減らすことを意識しましょう。
メラニン色素を減らすにはビタミンC入りの化粧品を使ってスキンケアをしたり、赤ニキビ跡の
部分にビタミンCパックをするのも有効的ですよ。
赤ニキビに比べると、赤ニキビ跡の方が治すには時間がかかります。
けど地道にコツコツとケアを続ければ、セルフケアでも治せるものなので、焦らずに時間を
かけて治していきましょう。

 

ただ「赤ニキビ跡に効果のある化粧品って、どれが良いか分からない」と思いませんか?
ビーグレンのニキビケア用品は、天然のクレイやハーブ成分そして高濃度のビタミンCが
配合されているので、赤ニキビ跡に即効性があるだけでなく、キレイに消えた!と人気に
なっているようなので、効果の高いアイテムのようなので、赤ニキビ跡にお困りの方は
一度チェックしてみると良いかもしれませんね。

できたニキビは洗顔で治す

できたニキビは洗顔で治しましょう。ニキビは洗顔だけで治すことができます。まず、ニキビがどうしてできてしまうのか考えてみましょう。ニキビは肌の水分が足りないことが原因でできてしまうことがあります。
いちご鼻の治療やニキビには保湿です。肌を十分に保湿することで、ニキビのできる原因を取り除きましょう。

 

できたニキビを洗顔で治すためにどのような点に気をつけることができるでしょうか?まずは、自分の手を清潔にしましょう。
さらに使うタオルもきれいなものを選びましょう。それから毛穴の汚れを落とすために蒸しタオルを顔にのせることができます。

 

このようにひと手間加えることで、毛穴の汚れを効果的に落とすことができ、ニキビを早く改善することにつながります。
洗顔も泡を顔にのせてから泡で洗うようにしましょう。指やつめが肌に直接あたらないようにして洗顔することで、肌のダメージを防ぐことができます。
「ビーグレン」のクレイウォッシュを使って洗顔することでさらに効果的に汚れを落とし、保湿もすることができます。

洗顔で悪化しない手順

洗顔してるのにニキビができるのは、間違った洗顔をしてしまっているからかも知れません。そこで毎日の洗顔を見直してみることも大切です。ここではニキビを予防・改善するための正しい洗顔法をご紹介します。

 

1、まず洗顔する前にしっかり手を洗いましょう。手には多くの雑菌が付いているからです。

 

2、水ではなくぬるま湯を使って洗顔しましょう。ぬるま湯を使うことで毛穴を開かせ、皮脂や汚れを落ちやすくすることができます。水だと毛穴が開きにくいですし、反対に熱いお湯だと必要な皮脂まで取り過ぎてしまいます。

 

3、洗顔料はしっかり泡立てましょう。皮脂の多いTゾーンから洗いましょう。泡でマッサージするようなイメージです。

 

4、すすぎは念入りおこないましょう。すすぎ残しはニキビの原因になりますので、髪の生え際やあごなどもしっかりすすぎましょう。

 

5、すすぎ終わったら、清潔なタオルでポンポンとたたくように水分を拭き取りましょう。絶対にゴシゴシこすらないようにしましょう。

 

今日からすぐにでもできる赤ニキビ治し方の洗顔方法だと思います。ぜひ試してみられてください。