ニキビ 放置

ニキビは放置せず早めにケアする事が大切です。

思春期にできるニキビは時期が来れば治るとも言われ、そのまま放置する人も少なくありませんがそれはあまり良い方法とはいえません。思春期のニキビでもしっかりとケアをすることが大切なのです。ニキビを放置してしまうとニキビの原因のアクネ菌がどんどん繁殖していってしまい皮膚の奥の皮下組織で炎症を起こしてしまいます。皮下組織までいってしまった炎症は、皮膚表面での炎症が引いてしまった後になってもニキビ跡として肌に残ってしまいます。この跡を消すのは難しく大人になってもそのままになってしまう可能性が高いので、そうならないためにもニキビができたらそのまま放置せずに、早めにケアして何度も繰り返して炎症が起きないように予防するようにしましょう。ケアの基本は皮脂の過剰な分泌で詰まった毛穴を清潔にすることです。正しい洗顔を心がけ洗顔料はしっかりと泡立てて優しく洗うようにしましょう。強く擦りすぎたり、何度も洗う回数を増やすのは逆効果です。鼻の角栓の取り方